❏ 全画面モード

全画面モードのリンクをクリックすると、ガンチャートを全画面で表示します。元に戻す場合は、全画面モード終了ボタンをクリックします。

通常モード

image alt text

全画面モード

image alt text

全画面モード中は、画面上部の歯車アイコンから「フィルタ」などの設定項目を表示できます。

image alt text

❏ 拡大・縮小

ガントチャート右上部の、日別(大)、日別(小)、週別、月別リンクをクリックし、ガントチャートを拡大・縮小できます。ズームレベル2以上に拡大すると、ヘッダ部に日付を表示します。

ズームレベル1(月単位で表示) image alt text

ズームレベル2(週単位で表示) image alt text

ズームレベル3(週単位で表示、詳細版) image alt text

ズームレベル4(日単位で表示) image alt text

❏ カスタムフィールド

ガントチャートのツールチップにカスタムフィールドを表示します。表示することでカスタムフィールドの値を 参照/編集することができます。

image alt text

カスタムフィールドの設定

ガントチャートに表示する項目は、管理>カスタムフィールド から行います。作成時/編集時に「Lychee Gantt Chartに表示」にチェックを入れます。

image alt text

❏ 表示項目の変更

ガンチャートの列表示部分の項目をカスタマイズすることができます。ガントチャート画面の「オプション」下部の「項目」の「▶」をクリックすることで表示する項目を選択することができます。

image alt text

利用できる項目:ガントチャートに表示しない項目です。
選択された項目:ガントチャートに表示する項目です。

「利用できる項目」から表示したい項目を選択し、「→」を押すことで「選択された項目」に移動することができます。表示したくない項目は「選択された項目」から選択し、「←」を押すことで「利用できる項目」に移動することができます。項目を選択したら「適用」をクリックすると「選択された項目」に表示されている項目がガントチャートに表示されるようになります。

注意 「題名」は表示必須項目になっているので編集は不可になっています。

デフォルトの表示項目の設定

ガントチャートに表示させるデフォルトの項目を、管理>プラグイン>Lychee Gantt Chart>設定から編集することができます。

image alt text

❏ ソート

ガントチャート上でソート条件を3つまで指定してソートすることができます。ガントチャート上の「ソート条件」の「▶」クリックするとソートする項目を選択できるようになります。

image alt text

「ツリー構造を保つ」にチェックを入れると親子関係を保ったままソートすることができます。また、ツリー構造を保ったままの場合、各階層毎のチケットがソートされます。

例えば、以下の場合


親チケットA
  |
  |
  | 子チケットA
  |     |
  |     | 孫チケットA
  |     |
  |     | 孫チケットB
  |
  |  子チケットB
  |     |
  |     | 孫チケットC
  |     |
  |     | 孫チケットD
  |
  |子チケットC

親チケットB

  • 親チケットAとBがソート
  • 子チケットAとBとCがソート
  • 孫チケットAとBがソート、孫チケットCとDがソート

となります。

ガントチャートのヘッダ部にある項目名をクリックし、その項目をソート条件に追加することもできます。

image alt text

results matching ""

    No results matching ""