❏ クリティカルパス

ガントチャート上にクリティカルパスを表示することできます。ガントチャート上の「オプション」の クリティカルパス項目「表示」にチェックを入れます。

image alt text

クリティカルパスを複数表示する場合は「複数クリティカルパス」を表示するにチェックを入れます。

クリティカルパスの表示

表示しているガントバーの下に赤いバーで表示されます。

image alt text

クリティカルパスのグルーピング

以下の条件のチケットを単一のグループ郡とみなします

  • 先行後続で関連づけされている一連のチケット

image alt text

クリティカルパスの判定

  • フィルタに[バージョン]が指定されていない場合 該当プロジェクト内の全チケットから、[期日]が一番遅いチケットがクリティカルパスになります。

  • フィルタに[バージョン]が指定されている場合 該当プロジェクト内のチケットから、指定されたバージョン毎に紐づく[期日]が一番遅いチケットが クリティカルパスになります。

  • クリティカルパスを複数表示する場合 各グループの[期日]が最遅のチケットがクリティカルパスとなります。 先行後続のないチケットはクリティカルパス複数表示の対象外です。

余裕期間の設定

余裕期間とは先行のチケットをクリティカルパスに含めるかどうかの基準日数です。 余裕期間の設定は、各プロジェクトの設定>クリティカルパスから行います。

image alt text

「クリティカルパスに該当するチケット」に先行するチケットで、

              [遅延期間](先行チケットとの間隔)≦ [余裕期間] 

となるチケットがクリティカルパスとなります。 また、クリティカルパスに含まれるチケット同士は、関連線の色が赤く表示されます。

image alt text

results matching ""

    No results matching ""