❏ オートスケジューリング機能

オートスケジューリング機能とは

複数のチケットのスケジュール(開始日と終了日)を自動的に割り付ける機能です。
従来手動で行っていたメンバーの負荷具合の確認や調整の時間を自動スケジューリングにより大幅に削減することができます。
スケジュール対象のチケットと最初の開始日を指定すると、基準時間(8時間/日)をもとに自動スケジューリングされます。
※Lychee工数リソース管理(リソースマネジメント)を利用している場合、各担当者の割当稼働時間をもとに自動スケジューリングされます。

オートスケジュール機能の操作

スケジュールしたいチケットをガントチャート上で複数選択します。
※注意 チケットの担当者と予定工数を事前にセットする必要があります。

image alt text

選択したチケット上で右クリックし、コンテキストメニューから「オートスケジュール」を選択してください。

image alt text

開始日指定ダイアログが表示されますので開始日を指定すると、自動的に選択した各チケットの開始日・期日が設定されます。
※表示順(上から順番)に設定されます。

image alt text

image alt text

「保存」ボタンをクリックしてオートスケジュール結果を反映します。

image alt text

results matching ""

    No results matching ""