Lychee プロジェクトレポート 機能と操作方法

❏ Lychee プロジェクトレポートとは

複数あるプロジェクトの状況を横断的に確認できます。
プロジェクトの進捗・品質・コストを見える化して、プロジェクトの状況管理や課題解決を支援するプラグインです。

image alt text

❏ プロジェクトの設定

各プロジェクト>設定>モジュールタブの「Lycheeプロジェクトレポート」チェックボックスを ON/OFF することで、プロジェクトレポートの対象プロジェクトを選択することができます。
チェックボックスが「ON」になっているプロジェクトがレポートの対象となります。

image alt text

❏ 権限の設定

Lychee プロジェクトレポートを使用するには、管理>ロールと権限 から「Lycheeプロジェクトレポート」項目で適切な権限を選択する必要があります。
権限が付与されていない場合、プロジェクトレポート画面は閲覧できません。

image alt text

❏ 指標設定

プロジェクトレポートを反映するには指標設定が必要です。
プロジェクト全体のレポート画面から、画面右上にある「指標設定」をクリックすると指標設定画面が表示されます。
指標設定画面では、以下の3種類の指標種別が設定できます。

  • 進捗指標
  • 品質指標
  • コスト指標

image alt text

❏ 新しく指標を作る

指標設定画面の右上にある「新規登録」から新しい指標が作成できます。

【チケットフィルタ】

チケットフィルタには、以下のフィルタを設定することができます。

  • ステータス
  • トラッカー
  • 優先度
  • 予定工数
  • 進捗率
  • カスタムフィールドの項目

a) 進捗指標

image alt text

【指標テンプレート】

プルダウンメニューから、以下の指標テンプレートが選択できます。

テンプレート 説明
計画チケット完了率ベース チケット総数に対する完了チケット数の割合と、プロジェクトの経過日数から進捗率を判断する進捗指標です。
計画完了工数ベース(実績工数) チケットの総予定工数に対する完了チケットの総予定工数の割合と、プロジェクトの経過日数から進捗率を判断する進捗指標です。
計画完了工数ベース(進捗率) チケットの総予定工数に対する各チケットの進捗率と、プロジェクトの経過日数から進捗率を判断します。
カスタム チケットやプロジェクトのカスタムフィールドなど、選択肢にある項目の値を使用して進捗の度合いを計ることができます。
【指標値判定】

各プロジェクトの判定基準を設定します。
指標値が良好であれば青色で表示され、危険であれば赤色で表示されます。

判定基準 説明
大きいほど良い 指標値が判定基準値を上回る場合、レポート画面に青色(良好)で反映される。
小さいほど良い 指標値が判定基準値を下回る場合、レポート画面に青色(良好)で反映される。
【指数定義】

各プロジェクトの判定基準値を設定します。

例)※ 指標値判定 を「大きいほど良い」に設定した場合

  • 『 %以上』は青信号で表示:良好
  • 『 %未満』は赤信号で表示:危険

b) 品質指標

image alt text

【指標テンプレート】

プルダウンメニューから、以下の指標テンプレートが選択できます。

テンプレート 説明
バグトラッカー消費率 対象トラッカーの計画チケット数に対して、バグ総数に対する対策済みバグ数の割合で品質を判断する品質指標です。
カスタム チケットやプロジェクトのカスタムフィールドなど、選択肢にある項目の値を使用して品質を計ることができます。

c) コスト指標

image alt text

【指標テンプレート】

プルダウンメニューから、以下の指標テンプレートが選択できます。

テンプレート 説明
計画チケット完了率ベース 計画チケットの完了数に対して、プロジェクトメンバーの総稼働時間に対する実績工数の割合で判断するコスト指標です。
カスタムフィールド チケットやプロジェクトのカスタムフィールドなど、選択肢にある項目の値を使用してコストを計ることができます。

❏ 指標をレポート画面に反映する

プロジェクトやバージョンごとに任意の評価指標を割り当ててレポートを作成することができます。
指標の割り当ては、プロジェクトレポート画面の右上にある「プロジェクトレポート設定」をクリックすると表示されるプロジェクトレポート設定画面から行います。
評価値は設定された指標ごとに列表示しています。

image alt text

a) プロジェクトに指標を設定する

指標設定で作成した評価指標を各プロジェクトに割り当てることで、レポート画面に反映されます。

image alt text

b) サブプロジェクトに、親プロジェクトと異なる指標を割り当てる

個別欄にあるチェックボックスをONにし、サブプロジェクトに指標を割り当てることで、親プロジェクトとは異なる指標を設定することができます。

image alt text

c) 指標を追加する

右上の「+」を押下すると、指標を追加することができます。

image alt text

d) バージョンに指標を設定する

左上の「バージョン」タブから、バージョンに指標を設定することができます。
指標を割り当てることで、レポート画面に反映されます。

image alt text

❏ プロジェクトごとの設定

各プロジェクトの 設定>レポート タブで、以下の項目を設定できます。
ここで設定した「開始日」「終了日」から、指標の算出に使用する「営業日数経過率」が算出されます。

  • マネージャー
  • サブマネージャー
  • 開始日(プロジェクトの開始日)
  • 終了日(プロジェクトの終了日)

image alt text

❏ プロジェクト全体のレポート画面

上部メニュー「プロジェクトレポート」から、プロジェクト全体のレポート画面が表示されます。
プロジェクト全体のレポート画面では、複数のプロジェクトの状況を横断的に確認でき、各プロジェクトの進捗・品質・コストの状況が信号で表示されます。

  • 赤信号:危険
  • 黄色信号:注意
  • 青信号:良好

image alt text

❏ プロジェクト単体のレポート画面

プロジェクト全体のレポート画面からプロジェクト名をクリックすると、プロジェクト単体のレポート画面が表示されます。
プロジェクト単体のレポート画面では、プロジェクトの概要や各指標ごとの数値を確認することができます。

1. 各指標ごとに、現在の数値と前回のレポートからの差分が表示されます。

image alt text

2. レポートの各指標タイトルの右側にあるimage alt textから各指標についてコメントが入力できます。

3. プロジェクトの単体レポート右上にある「再計算」をクリックすると、現在のチケットの状態を元にプロジェクトの状況が再計算されます。

4. プロジェクトの単体レポート右上にある「履歴」をクリックすると、過去に生成されたレポートの履歴が確認できます。

image alt text

週次レポートを生成する曜日は、管理>設定>プロジェクトレポートタブから設定できます。

image alt text

❏ クエリの保存

プロジェクト全体のレポート画面に表示する項目やソート条件をカスタムクエリとして保存することができます。

a) クエリの作成

image alt text

クエリの入力画面に遷移したら、必要な情報を入力して保存ボタンを押します。

image alt text

b) クエリの編集/削除

作成したクエリの編集/削除は、プロジェクト全体のレポート画面の左上にあるカスタムクエリを開き、「編集」「削除」アンカーから行います。

image alt text

results matching ""

    No results matching ""