Lycheeリソースマネジメント 機能と操作方法

❏ Lycheeリソースマネジメントとは

工数、稼働率、生産性をグラフと表でリアルタイムに把握できます。
工数は、集計対象項目を3つまで選択できるため、集計・分析が多角的かつ柔軟に行えます。
さらに、グラフ表示によって傾向を瞬時に把握することができ、スムーズな分析が可能となるプラグインです。

image alt text

❏ リソースマネジメントの設定

表示ユーザー数の設定

管理>プラグイン>Lychee Resource Management plugin の設定画面から、「警告を表示する対象ユーザ数」と「工数のハイライト表示可能なユーザ数」を設定することができます。

image alt text

a) 警告を表示する対象ユーザ数

値を設定すると、リソースマネジメント画面でグラフを表示する際に
「担当者の数>上記で設定した値」の場合、グラフを表示するかどうかの警告メッセージを表示します。

b) 工数のハイライト表示可能なユーザ数

値を設定すると、リソースマネジメント画面でグラフを表示する際に
「担当者の数>上記で設定した値」の場合、グラフのハイライト表示ができないようになります。

ユーザーの割り当て工数の設定

リソースマネジメント画面右上の「設定」をクリックし、「割当て工数の設定」をクリックすると各ユーザーの割り当て工数の設定画面に遷移します。
割り当て工数の設定画面で設定された「工数」は、リソースマネジメント画面の「工数」タブの予定と実績のセルに対して、背景色が設定される閾値に使用します。
※ 設定しない場合は8時間として設定されます。

image alt text

背景色閾値の設定

リソースマネジメント画面右上の「設定」をクリックし、「背景色閾値の設定」をクリックすると
セルの背景色の閾値の設定画面に遷移します。

image alt text

背景色の設定は以下の通りです。

  • 集計対象項目がユーザーのみの場合
条件
工数 < 設定した工数 ✕ 工数割り当て過少閾値 青色
工数 < 設定した工数 ✕ 工数割り当て超過閾値 赤色
  • 集計対象項目がユーザーのみ以外の場合
条件
実績工数 < 予定工数 ✕ 予定工数の超過閾値 青色
実績工数 > 予定工数 ✕ 予定工数の超過閾値 赤色

❏ プロジェクトの設定

各プロジェクト>設定>モジュールタブの「Lychee工数リソース管理(リソースマネジメント)」チェックボックスを ON/OFF することで、リソースマネジメントの対象プロジェクトを選択することができます。
チェックボックスが「ON」になっているプロジェクトの工数が集計対象となります。

image alt text

❏ リソースマネジメントの機能

工数、稼働率、生産性のタブに分かれており、それぞれグラフと表で集計・分析が多角的に行えます。

抽出条件  

各タブに表示するデータの抽出条件として、以下の内容を指定することができます。

  • フィルタ機能
  • 表示期間
  • 時系列
a) フィルタ機能

チケットの一覧画面と同等のフィルタ機能が使用でき、柔軟なフィルタリングが可能です。

注意
リスト型のカスタムフィールドのみ、フィルタとして利用できます。

image alt text

b) 期間

指定した期間の予定時間、実績時間を表示対象とします。
期間の指定がない場合は、以下のように期間が設定されたものとしてデータを表示します。

時系列 表示期間(開始) 表示期間(終了)
今日 - 15日 今日 + 14日
当月 - 1ヶ月の第1週 当月 + 1ヶ月の最終週
当月 - 6ヶ月 当月 + 6ヶ月
c) 時系列

グラフ、表に表示する期間の単位として、以下を指定することができます。
「時系列」に表示されているリンクと、それに紐づく単位は以下のとおりです。

リンク名 単位
日単位で表示
週単位で表示
月単位で表示
c) 間接作業時間

タイムマネジメントで記録された間接作業を実績工数に含めることができます。

カスタムクエリ

各タブに表示するデータの抽出条件と、「工数」タブの「集計対象項目」をカスタムクエリとして保存することができます。
カスタムクエリを作成するには「新しいクエリ」をクリックします。

image alt text

クエリ作成/編集画面では、必要な情報を入力して保存を押下します。
「デフォルトとして使用する」にチェックを入れると、初期表示時に適用されるカスタムクエリとして設定することができます。 「デフォルトとして使用する」を設定できるのは、「すべてのユーザー」にチェックを入れた場合のみです。

image alt text

時系列別人別工数

リソースマネジメントの集計表見出し項目(日/週/月)をクリックすると、クリック対象の時系列単位での各担当者の予定・実績の詳細を確認することができます。

image alt text

また各チケット箇所をクリックするとチケットの詳細がポップアップ表示されます。

image alt text

CSVダウンロード

画面中段右の「CSVダウンロード」をクリックすると、抽出条件で指定した値をCSV形式で出力します。
出力する値は以下のようになっています。
なお、「工数」タブでは集計対象項目がユーザーのみの場合に値が出力されます。

表示しているタブ 出力する値
工数 日付、ユーザー、予定、実績
稼働率 日付、担当者、稼働率
生産性 日付、担当者、生産性

❏ 「工数」タブ

image alt text

項目 説明
集計対象項目ごとに予定時間と実績時間表示します。
予定時間は「チケットに入力された「予定工数」をチケットの期間(日数)で按分した値(非営業日は除く)」を集計した値が表示されます。
対象期間の行ごとの合計値は左端に表示されます。
表の行ヘッダの各項目をクリックすることで、対象のチケット一覧が確認できます。
グラフ 集計対象項目の予定時間の総和を左棒グラフで表示します。
集計対象項目のの実績時間の総和を右棒グラフで表示します。
ハイライト グラフ上で特定の集計対象の部分をクリックすると、特定の集計対象のグラフがハイライトで表示されます。

集計対象のチケットの一覧表示

リソースマネジメントの集計表の集計項目行をクリックすると、集計対象に対するチケットの一覧が表示されます。

image alt text

❏ 「稼働率」タブ

image alt text

担当者ごとに稼働率を表示します。
日々の稼働率は以下の式で求めています。

  • 本日を含めた過去の日付
    稼働率 = その日の作業時間の総和 / 割当て稼働時間 × 100
  • 未来の日付
    稼働率 = その日の予定工数の総和 / 割当て稼働時間 × 100

「その日の予定工数」は、予定工数をチケットの期間で按分して求めています。
たとえば、以下のチケットの場合、9/1の予定工数は 8.0時間 / 2日間 = 4時間 となります。

項目
予定工数 8.0時間
開始日 9/1
期日 9/2

グラフ

稼働率の平均値を線グラフで表示します。
担当者名をクリックすると、担当者の線グラフが表示されます。

❏ 「生産性」タブ

image alt text

項目 説明
担当者ごとに生産性を表示します。
生産性は以下の式で求めています。
(予定時間 × 進捗率) の総和 / 実績時間の総和
グラフ 生産性の平均値を線グラフで表示します。
担当者名をクリックすると、担当者の線グラフが表示されます。

results matching ""

    No results matching ""