Lycheeタイムマネジメント 機能と操作方法

❏ Lycheeタイムマネジメントとは

カレンダー画面上で、チケットと作業分類をドラッグ&ドロップするだけで工数を入力できるので、現場担当者の工数入力の負荷を大きく軽減することができます。
現場の工数入力が促進されることで正確なデータが蓄積され、マネージャはそれらを分析することで業務改善に繋げることができます。

❏ 主な機能

1. ドラッグ&ドロップによる工数入力

翌日以降のカレンダーには自分の作業予定を、当日または過去日には作業実績を記録できます。
プロジェクト単位で自動的に背景色が設定されます。

image alt text

2. メンバーのスケジュール管理

プロジェクトに参加しているメンバーの予定と実績を確認できます。

※ メンバーの予定と実績の作成・編集はできません。
※ 他プロジェクトの予定や、間接作業分類は表示されません。

image alt text

❏ まずはじめに

Lycheeタイムマネジメントに必要な設定を確認してください。

1. 権限の設定

Lycheeタイムマネジメントを使用するには、管理>ロールと権限 から、適切な権限を選択する必要があります。

image alt text

Lycheeタイムマネジメント
項目 説明
「タイムマネジメント」 カレンダー画面の表示に必要
時間管理
項目 説明
「作業時間の閲覧」 予定と実績の表示に必要
「作業時間の記入」 予定と実績の作成に必要
「作業時間の編集」 予定と実績の編集に必要
「自分が記入した作業時間の編集」 予定と実績の編集に必要
「作業分類(時間管理)の管理」 各プロジェクトの直接作業分類の設定に必要

※「作業時間の編集」と「自分が記入した作業時間の編集」のいずれかの権限があれば予定と実績の編集が可能です。

2. 作業分類の設定

システム管理者のみ、作業分類を作成することができます。

<直接作業分類の作成方法>

「直接作業分類」は、Redmineの標準機能の「作業分類」と同じく、プロジェクトの工数を記録するために使用します。

「直接作業分類」は、管理>選択肢の値 から作成することができます。

1.管理>選択肢の値

(Redmine 3.4で「列挙項目」から「選択肢の値」に名称変更されました)

image alt text

2.作業分類(時間管理)

image alt text

画面左下の「新しい値」をクリックすることで、以下の画面に遷移します。

image alt text

名称を入力することで、作成することができます。
また、作成した「直接作業分類」はプロジェクトごとに有効/無効を選択することができます。

・有効/無効の設定方法

各プロジェクト>設定>作業分類(時間管理) から、画面右端のチェックボックスで、有効/無効を設定できます。

image alt text

<間接作業分類の作成方法>

「間接作業分類」はプロジェクトに紐付かない作業を記録するための作業分類です。
管理>選択肢の値 から作成することができます。

1.管理>選択肢の値

(Redmine 3.4で「列挙項目」から「選択肢の値」に名称変更されました)

image alt text

2.間接作業分類(時間管理)

image alt text

画面左下の「新しい値」をクリックすることで、以下の画面に遷移します。
名称を入力することで、作成することができます。

image alt text

<予定の自動生成の開始時間の設定方法>

予定の自動生成の開始時間を設定することができます。

管理>プラグイン>Lychee Tine Management pluginの設定から設定することができます。

image alt text

results matching ""

    No results matching ""