❏ マイカレンダー画面

画面左から順に、チケット一覧、週間カレンダー、作業分類一覧が表示されています。当日以降のカレンダーには作業予定を、過去日には作業実績を記録できます。

計画された作業予定は、その日を過ぎると作業実績に変換されます。
過去日の作業実績も修正することができます。
作業実績は太枠で表示されます。

image alt text

  1. カレンダー上には「チケット」「直接作業分類」「間接作業分類」の三種類が配置できます。

  2. Redmineの標準機能を使って登録した作業時間はタイムマネジメントに反映されません。

  3. チケット:左ペインからプロジェクトを選択してチケットをカレンダー上にドラッグ&ドロップすることで配置できます。

  4. 直接作業分類:右ペインに並んでいる青色のパネルが直接作業分類です。
    カレンダー上にドラッグ&ドロップすると配置できます。
    「直接作業分類」はRedmineの標準機能の「作業分類」と同じです。
    「直接作業分類」はプロジェクトごとに設定することができます。 作成はシステム管理者のみ可能です。 プロジェクトごとの設定には「作業分類(時間管理)の管理」権限が必要です。

  5. 間接作業分類:右ペインに並んでいる灰色のパネルが間接作業分類です。
    カレンダー上にドラッグ&ドロップすると配置できます。
    「間接作業分類」はRedmineの設定 > 選択肢の値 から編集可能です。
    (Redmine 3.4では「列挙項目」は「選択肢の値」に名称変更されました)
    「間接作業分類」は全プロジェクトで共通です。
    作成はシステム管理者のみ可能です。

  6. 「間接作業分類」は「チケット」の上に配置することはできません。

❏ プロジェクトの選択

プロジェクトを変更することで、「チケット」一覧、「直接作業分類」一覧が切り替わります。
画面左上の「マイタスク」には、担当しているチケットのうち、カレンダーの表示期間に開始日〜期日が含まれるものが表示されます。左下の「タスクツリー」には前回表示したプロジェクトのチケット一覧をデフォルトで表示しています。プロジェクトは選択して表示できます。

  1. 「タスクツリー」の右横のアイコンをクリック

image alt text

  1. 表示されたプロジェクト一覧から任意のプロジェクトをクリック

image alt text

❏ チケットの配置

配置した「チケット」はドラッグ操作で自由に工数を設定できます。

image alt text

1.ドラッグ&ドロップ ドラッグ&ドロップで「チケット」を配置することができます。

image alt text

2.予定の自動配置 表示されている期間内に予定があるチケットを自動配置することができます。
image alt text

❏ 直接作業分類の配置

ドラッグ&ドロップでカレンダー上に「直接作業分類」を配置することができます。

「チケット」の上にドラッグ&ドロップすることで「チケット」「直接作業分類」を紐付けることもできます。

image alt text

一つの「チケット」に複数の「直接作業分類」を割付けることができます。

image alt text

過去日の「直接作業分類」はRedmineの作業時間として記録されます。
直接作業分類と紐付けのない「チケット」単体では、作業実績として記録されません。

image alt text

❏ 間接作業分類の割り当て

配置方法(ドラッグ&ドロップ)については「直接作業分類」と同様です。
「間接作業分類」はどのプロジェクトとも紐付かないため、チケットと重ねて配置することはできません。

image alt text

❏ 表示週の変更

カレンダーアイコンをクリックすることで、カレンダーが表示され、任意の週を選択して表示することができます。

image alt text

❏ カレンダーの時間粒度の変更

カレンダー日別週別アイコン右の数字部分より、クリック毎に表示時間の 粒度を変更することができます。(15,30,60分単位)

image alt text

results matching ""

    No results matching ""