タイムマネジメント Googleカレンダー連携 機能と登録方法

❏ Googleカレンダー連携とは

Googleカレンダー連携を使うと、タイムマネジメントで設定した予定をGoogleカレンダーに連携できます。
Googleカレンダー連携を行うには、以下の作業が必要です。

  1. Google Cloud PlatformのAPIキー発行
  2. Redmineの設定
  3. ユーザーごとの設定
※ Googleカレンダー上で変更した内容はLycheeタイムマネジメントには反映されませんのでご注意ください。
※ Lycheeタイムマネジメントのプラグイン導入が必須となります。

❏ Google Cloud PlatformのAPIキー発行

Googleカレンダーと連携するには、Google Cloud PlatformのAPIキーを発行する必要があります。
APIキーとは、タイムマネジメントがGoogleカレンダーにアクセスする際のパスワードのようなものです。
代表者がAPIキーを1つ発行し、各ユーザーは、代表者が発行したAPIキーを使ってGoogleカレンダーに予定を連携します。
ユーザーごとにAPIキーを発行する必要はありません。

  1. Googleアカウントでログインする。

  2. [APIとサービス]のダッシュボードにアクセスする。
    https://console.cloud.google.com/apis/dashboard

  3. [プロジェクトの選択▼]をクリックしてプロジェクトを作成する。

    image alt text

  4. [新しいプロジェクト]を選択する。

    image alt text

  5. 任意のプロジェクト名を入力し、[作成]ボタンをクリックする。
    しばらくすると作成したプロジェクトの情報が表示される。

    image alt text

  6. [APIとサービスを有効化]をクリックする。

    image alt text

  7. [APIとサービスを検索]に「Google Calendar API」と入力して検索する。

    image alt text

  8. 検索結果から「Google Calendar API」をクリックする。

    image alt text

  9. [有効にする]をクリックする。

    image alt text

  10. 作成したプロジェクトが選択されていることを確認し、[認証情報]をクリックする。

    image alt text

  11. [同意画面を構成]をクリックする。

    image alt text

  12. OAuth同意画面を設定する。
    以下の通り入力し、[保存]ボタンをクリックする。

    項目入力
    アプリケーションの種類G SuiteのメンバーだけがGoogleカレンダー連携を使用する場合には[内部]、それ以外であれば[公開]を選択する
    アプリケーション名Lychee Time Managementなどの任意の名称を入力する
    Google APIのスコープ[スコープを追加]をクリックして、../auth/calendarの行にチェックを入れて、[追加]をクリックする

    image alt text

  13. [認証情報を作成]をクリックして、[ウィザードで選択]をクリックする。

    image alt text

  14. 必要な認証情報の種類を調べる。
    以下の通り入力し、[必要な認証情報]をクリックする。

    項目
    使用するAPIGoogle Calendar API
    APIを呼び出す場所ウェブサーバー(node.jp、Tomcatなど)
    アクセスするデータの種類ユーザーデータ

    image alt text

  15. OAuth2.0 クライアントIDを作成する。
    以下の通り入力し、[OAuthクライアントIDを作成]ボタンをクリックする。

    項目
    名前任意の名称
    承認済みのJavaScript生成元空欄(デフォルト)
    承認済みのリダイレクトURI以下を入力する。
    {RedmineのURL}/ltm_google_calendar_syncs/callback

    RedmineのURLが「https://demo.lychee-redmine.jp」の場合
    https://demo.lychee-redmine.jp/ltm_google_calendar_syncs/callback

    image alt text

  16. 認証情報をダウンロードする。
    [Client ID]が表示されたら[完了]ボタンをクリックする。

    image alt text

  17. クライアントIDの編集画面を表示する。
    image alt text をクリックする。

    image alt text

  18. クライアントIDとクライアントシークレットを控える。
    RedmineのGoogleカレンダー連携の設定画面で必要となりますので、クライアントIDとクライアントシークレットを控えおいて下さい。

    image alt text

❏ Redmineの設定

「Google Cloud PlatformのAPIキー発行」で取得した情報をRedmineに設定する必要があります。

  1. システム管理者の権限を持つアカウントでRedmineにログインする。

  2. Googleカレンダー連携の設定画面を表示する。
    管理>プラグイン>Lychee Time Management Google Calendar add-on の[設定]

  3. Googleカレンダー連携を設定する。
    以下の通り入力し、[適用]ボタンをクリックする。

    項目
    有効にするON
    クライアントID「Google Cloud PlatformのAPIキー発行」で控えたクライアントID
    クライアントシークレット「Google Cloud PlatformのAPIキー発行」で控えたクライアントシークレット

    image alt text

タイムマネジメントと各個人のGoogleカレンダーの連携設定はRedmineのアカウントごとに設定が必要です。

❏ ユーザーごとの設定

ユーザーごとにRedmineのアカウントとGoogleのアカウントを紐づける必要があります。

  1. 「個人設定」画面を表示する。

  2. [LycheeタイムマネジメントのGoogleアカウント連携]の[連携する]をクリックする。
    Googleの『アカウントの選択」画面が表示される。

    image alt text

  3. 連動したいアカウントを選択する。

  4. Googleアカウントへのアクセスを許可する。
    [許可]ボタンをクリックする。

  5. 同期先のカレンダーを選択する。
    『個人設定」画面に戻るので、[Lycheeタイムマネジメントの同期先のカレンダー]でカレンダーを選択し、保存する。

    image alt text

results matching ""

    No results matching ""